診療部
医局
臨床心理室
総合相談室
栄養課
X線・CT検査室
薬剤部
薬局
看護部
看護部長あいさつ
2A病棟
2B病棟
3A病棟
3B病棟
3C病棟
外来看護課
リハビリ部
デイ・ケアセンターはばたき
作業療法室
管理部
医事課
庶務課
総合福祉サービス事業
ハウス・ステップ
ハウス佐潟
ラグーン
訪問看護ステーション
佐潟訪問看護ステーションつばさ
 
 
 
 

 臨床心理室

箱庭療法の様子
 臨床心理士とはどんな職種なのか、また当病院ではどんな仕事をしているのか、ご紹介させていただきます。
 体の病気ですと≪症状は悪いもの≫で、それを取り除くことが治療となります。 心の問題も患者さまの症状や困っていることを軽減していくことを目指します。 患者さまが問題に直面している時に「楽な方を選ぶ」「ストレスになるものに近づかない」という方法は自分自身を守るため必要です。 しかし、必ずしも治療的かというとそうとは言えません。 苦しく困難なことをきっかけに、その人自身が内側から成長していけるという主体性を重視する成長モデルの考えが 臨床心理士の視点の源にあります。 心の問題は「ここが悪い」と捉えられるものではなく、白黒はっきりつきません。“曖昧なグレーゾーン”の部分を大切にしながら、 なぜこの症状が起きているのか、症状が何を意味するのか、どうしたらこれを抱えながらやっていけるか、 そのためにはどんなサポートが必要か等、色々な面から考察し関わっています。 お薬での治療はご本人を支えるために必要不可欠ですので、主治医との連携を大事しながら行っております。

    心理検査(外来・入院)
     医師の指示により心理検査を行っております。 外来、入院ともに思春期から老年期の方へ、患者さまそれぞれの状態や状況を考え、検査の目的に合わせ複数の検査を組み合わせ、 現在の状態や症状との関連、どのような問題があるのか、どのような援助の仕方が適切かを考えていきます。

    <検査の主な目的>
    1. 診断確定の一助となる他、診断書など各種書類作成のための情報を得ます。
    2. 患者さまの特徴を理解し、症状の背景に何があるのかを考え今後の治療方針やサポート方法を検討することができます。 また、家族や学校、会社など患者さまを取り巻く周囲の人へのアドバイスにも役立てられます。
    3. 患者さま自身が「自分が今どんな状態なのか」を知るための手掛かりになります。苦手な場面にどう対処すればいいか、 できていることは何か、自分の良いところに気付き、自分を肯定していくことにもつながります。


    心理面接(外来・入院)
     主治医が診察において心理療法が適応であると依頼のあった患者さまに対して、心理検査を受けていただき、その中で、 心理療法によって効果が見込めると判断された場合行っています。原則として主治医との連携をとりながらの継続的な心理療法です。 患者さまによってどういう関わりが適切なのかを心理検査、インテイク面接を通して見立てます。 基本的には言語による面接で葛藤を扱い内省していくものから、あまり内面に深く入らずに現実生活でどう生活していくか、 心理教育的に問題を整理していく方法や、芸術療法など多岐にわたっています。
     臨床心理士との面接の中で、精神的な悩みや対人関係などをはじめとする様々な問題について一緒に考え、悩みを整理し、 自分なりの対処を見つけられるよう話しあいの中で、自分自身について気付き、自分をわかっていく作業をしていきます。


    思春期青年期グループ(女性グループ)
     主治医が診察において集団精神療法(グループセラピー)が適応であると判断した患者さまへ行います。 特に社会経験の乏しい若い患者さまたちには療育的な関わりが必要です。 集団の中で経験することの中には社会生活で必要なことがたくさん含まれています。 守られた空間の中でのグループセッションを通して、みんなと一緒に時間を共有し、物事を共有し、楽しむ体験をすることは、 メンバーそれぞれの世界を広げる機会となります。そして自分と他者を知り、自分の課題に気付き、 他者の中でどのように振舞うと良いかのコミュニケーション力を育てていくことを目指しています。


    統合失調症の当事者への心理教育プログラム
     統合失調症についての基礎的な知識を当事者の皆さんと学ぶ会です。病名は同じ統合失調症でも症状や困っていること、取り巻く環境はそれぞれ違っているものです。同じ病気を抱える者同士が自らの経験を語り、お互いに聴きあうことにより“自分だけではない”こと知り、仲間同士支え合うことが大切だと考えています。
     1クール全7回で、医師薬剤師、病棟看護師、作業療法士、精神保健福祉士、管理栄養士、臨床心理士が関わっています。各回の前半は「統合失調症の特徴と症状、回復まで」「お薬と上手に付き合っていくために」「統合失調症に関するビデオを視聴し語らう」「社会資源について」「体にやさしい生活習慣」「ストレス対処方法」「再発をさけるために」といったテーマにそって理解を深め、自分なりの病気との付き合い方を見つけられることを目指しています。後半はセルフケアの意識を高められるように、自分の身体の状態に意識を向け、‘今自分のできる範囲’でほどよく身体を動かすことをポイントに、ストレッチを用いたエクササイズを行っています。


    統合失調症の家族教室 家族教室の詳しい内容・日程は   <こちら>



ページの先頭に戻る

 総合相談室

 総合相談室では精神科ソーシャルワーカー(精神保健福祉士)が、患者さまやご家族様の様々な悩みをお聞きし、 一緒に考え問題解決が出来るようお手伝いいたします。主に「受診・入院に関する相談」「各種制度に関する相談」 「療養上や退院後の生活に関する相談」等となります。お一人で悩まず、どうぞお気軽にご相談ください。

  • 例えば…
    ・受診相談(新患予約)について
    ・医療費や生活費などの経済的な問題について
    ・退院後の生活について
    ・福祉制度について
    ・介護保険制度について
    ・療養中のさまざまなことについて
対象者
  • 当院精神科に通院・入院中の方及びそのご家族、また今後当院への通院をご希望される方。
相談時間
  • 月曜~金曜 9:00~17:00
ご利用方法
  • お電話または病院窓口にてお尋ねください。
  • 総合相談室TEL 025-239-2603(総合相談室直通)
  • 相談員不在の場合は、TEL025-239-2135(佐潟荘代表)
 

ページの先頭に戻る

 栄養課

    概要
    栄養課では「患者さまの病状回復と食生活改善を目的とし、 患者さまに喜ばれる食事療養サービスを提供する」との基本理念のもと、業務に取り組んでいます。

    栄養管理
    1. 栄養状態の評価
      入院時に食事摂取状況、身体状況、血液検査などから現在の栄養状態を評価します。
    2. 栄養管理計画の作成
      患者さまの栄養状態、アレルギーの有無や嗜好を確認し、その方に合ったお食事の計画を作成します。 入院中も状態に応じて必要な栄養を摂っていただけるよう、適宜見直しを行っていきます。
    3. 栄養食事指導
      食事療法が必要な患者さまには、医師の指示に基づき栄養食事指導を行っています。 食事療法に対する理解と自己管理の必要性を認識していただき、実際の生活の中で取り組みやすい方法をアドバイスさせていただきます。

    食事について
    1. 食事の種類
      一般食 〈常菜食・一口大食・軟菜食・きざみ食・ソフト食・ミキサー食など〉
      治療食 〈糖尿食・脂質異常症食・肥満食・減塩食・低残渣食・潰瘍食など〉
      摂食嚥下障害による摂取量低下や食欲不振等がある場合、必要に応じて個別に対応をいたします。
    2. デイ・ケア、グループホームへの食事提供
      デイ・ケアセンター「はばたき」 昼食を提供しています
      グループホーム「ハウスステップ」 三食、提供しています
    3. 行事食、郷土食、季節メニューの提供
      年間36回の行事食、郷土食、季節メニューをお出ししています。
      季節を感じていただくこと、入院生活に楽しみをもっていただくとともに、
      社会への関心を持つきっかけにしていただきます。

      〈献立例〉とある夏の1日
      朝食 昼食 夕食
      カロリー:520kcal カロリー:650kcal カロリー:630kcal
      • ごはん・味噌汁
      • 焼きししゃも
      • 大根おろし
      • かに風味煮
      • 味付けのり
      • そうめん・薬味
      • いか天ぷら
      • 野菜の素揚げ
      • メロン
      • 牛乳
      • ごはん・味噌汁
      • 鶏肉のネギポン酢焼き
      • レタス
      • 冷やし卵豆腐あんかけ
      • 桜だいこん


      〈献立例〉ソフト食
      朝食 昼食 夕食
      カロリー:383kcal カロリー:539kcal カロリー:654kcal
      • かゆゼリー
      • さつまあげの炒り煮
      • ポン酢和え
      • みそ汁ゼリー
      • かゆゼリー
      • 鮭の焼き浸し
      • きんぴらごぼう
      • バナナ
      • ヨーグルト
      • かゆゼリー
      • 豚肉の生姜焼き
      • ひじきの五色煮
      • ミルクゼリー
      • すまし汁ゼリー

      〈献立例〉郷土食 -長野県-
      カロリー:740kcal
      • くるみおはぎ
      • おぶっこ
      • 鶏肉の山賊焼き
      • かぼちゃ豆腐


    給食会議
    月1回、医師・看護部・管理部・管理栄養士などの多職種が集まり、
    食事や栄養管理についての検討を行います。

    各種調査
    定期的に残食調査・嗜好調査を実施し、満足していただける食事提供のために
    献立や業務の見直しを行っています。

ページの先頭へ戻る

 X線・CT検査室

 明るく広々としてベットごと入室出来る撮影室と操作室に分かれています。 撮影日は火~金曜日で技師1人が担当しています。 直接撮影用X線装置では、主に胸部・腹部・骨を撮影します。
 中高年の物忘れ・心身外来では、最新のX線CT診断装置(米国GE社Brivo CT385)導入により、 楽な姿勢で短時間に頭部を撮影し、精密な質の高い検査画像で診断します。

CT診断装置
(米国GE社Brivo CT385)


 
 
Copyright(C) 2015 SAKATA LAKESIDE Psychiatric Hospital & Clinic 当サイト内の画像・文章等の無断転用を禁じます。
〒950-2261 新潟県新潟市西区赤塚5588番地 TEL:025-239-2135 FAX:025-239-3579