診療部
医局
臨床心理室
総合相談室
栄養課
X線・CT検査室
薬剤部
薬局
看護部
看護部長あいさつ
2A病棟
2B病棟
3A病棟
3B病棟
3C病棟
外来看護課
リハビリ部
デイ・ケアセンターはばたき
作業療法室
管理部
医事課
庶務課
総合福祉サービス事業
ハウス・ステップ
ハウス佐潟
ラグーン
訪問看護ステーション
佐潟訪問看護ステーションつばさ
 
 
 
 


 医局

    院長 北村 秀明
    • 精神保健指定医、社団法人日本精神神経学会精神科専門医・指導医

      これまで学んできた神経画像学や脳神経科学の知見を精神疾患の理解や治療に応用できればと考えていますが、その限界をよくわきまえて、 心理的な理解や環境との相互作用に十分配慮します。高度な専門的精神医療の提供を目指して、日々勉強することを怠らないよう心がけます。

      略歴
      平成4年、新潟大学医学部を卒業、医籍に登録。新潟大学医学部附属病院、新潟市民病院、国立療養所犀潟病院にて精神科と内科の研修。平成9年、University College London (UCL)の客員研究員。平成15年に大学院博士課程修了(医学博士、新潟大学)。平成15年から新潟大学医学部、および医歯学総合病院に勤務。平成27年、新潟大学教育研究院医歯学系の准教授を任期満了のため辞職、現在に至る。

      主な所属学会(役職)
      日本精神神経学会(代議員)、日本精神科診断学会(評議員)、日本生物学的精神医学会(評議員)



    副院長 上村 隆
    • 社団法人日本精神神経学会精神科専門医・指導医

      平成3年北里大学医学部卒業後、北里大学東病院精神科に勤務。平成11年5月より佐潟荘勤務。平成13年4月より佐潟荘副院長。新潟市出身。
      自然あふれる環境にある病院で主に成人の精神科一般診療を行っています。誠実な医療を心がけて行きたいと思っております。よろしくお願いいたします。



    副院長 佐藤 聡
    • 精神保健指定医、社団法人日本精神神経学会精神科専門医・指導医

      新潟県小千谷市出身。
      1990年新潟大学医学部卒業。
      2010年10月から厚生連中条第二病院(新潟県十日町市)に副院長として勤務し、2016年4月より、佐潟荘で勤務することとなりました。
      自然豊かな佐潟の地で、西洋医学と東洋(漢方)医学、それぞれの長所をうまく組み合わせた全人的な精神科医療を目指します。よろしくお願いいたします。



    名誉院長 栃倉 博
    • 精神保健指定医

      初代上村忠雄院長が、良寛精神に基づき、「自然と共に生きる」という心情でこの地「佐潟」を精神療養の最適地と定めて半世紀が経過しました。現在は、デイ・ケアセンターのほか、地域活動支援センター、グループホームなど福祉施設も充実してきています。
      初代院長の意思を大切にし、患者さんの医療安全や人権擁護の意識を高めて、明るい機能的な病院となるようにスタッフ一同、診療に励んでいます。

      略歴
      昭和41年、新潟大学医学部を卒業。山形県立鶴岡病院、佐渡厚生連佐渡総合病院を経て、平成14年4月より平成27年3月まで当院院長として寄与され、現在に至る。



    診療部長 上村 明子
    • 内科医として精神科の先生方の診療に微力ながらお手伝いさせていただいています。町の診療所のように診療科の区別なく、風邪、腹痛、けが、湿疹、結膜炎など何でもとりあえずの初期診断治療を行っています。診察の時は患者さまのお話をよく聞くようにしています。患者さまからのお話は、病気を診断するときにとても大切な情報となるからです。お身体の不調がありましたらご相談ください。

      略歴
      神奈川県出身。平成5年、北里大学医学部卒業。北里大学病院で内科研修。平成11年4月より佐潟荘に勤務し、現在に至る。



    精神科医長 増澤 菜生
    • 精神保健指定医、社団法人日本精神神経学会精神科専門医

      平成23年4月、佐潟荘に着任してから、「様々な部署のスタッフが持ち味を生かし、患者さまと力を合わせて作る治療の輪」 に参加できる喜びを感じています。外来診療では、主に思春期青年期の患者さまを対象としています。 一期一会を肝に銘じて日々精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

      略歴
      埼玉県川口市出身。昭和62年新潟大学医学部卒、医籍登録。新潟大学医歯学総合病院、新潟医療センター、国立療養所寺泊病院、精神医療センターにて精神科と内科を研修。平成5年より新潟大学教育学部特別支援教育科障害児病理学講座講師、平成7年同准教授、同時に研究生として新潟大学医歯学総合病院精神科児童外来を週1回担当。平成23年4月より佐潟荘常勤医。平成28年4月より思春期・青年期外来担当。また平成5年より阿賀野市こどものことばとこころの相談室スーパーバイザー。



    精神科 青山 雅子
    • 精神保健指定医、社団法人日本精神神経学会精神科専門医

      思春期という心身の自立を図る大切な時期は精神疾患の好発時期でもあります。子供たちの心に寄り添い丁寧な診療を心がけております。佐潟はラムサール条約にて自然が守られ四季折々の景観の素晴らしい地です。自然の力は患者さまの回復・治癒に更なる効果が期待できる地でもあります。

      略歴
      埼玉医科大学を卒業。新潟大学精神科教室の児童精神科グループにて、児童・思春期の精神科診療に携わる。平成3年より佐潟荘で児童思春期の外来(現:思春期・青年期外来)を担当。




 
 
Copyright(C) 2015 SAKATA LAKESIDE Psychiatric Hospital & Clinic 当サイト内の画像・文章等の無断転用を禁じます。
〒950-2261 新潟県新潟市西区赤塚5588番地 TEL:025-239-2135 FAX:025-239-3579